はなカフェ時間

自然を愛するNurseのブログ

菜の花イエローと満月に向かう月。自分の道は自分で開く


運転中、「わあ、撮りたい!」ハッピー振りまく、陽気なイエロー、菜の花の皆さんと出会いました。
春はやさしいイエローの菜の花だし、夏はさわやかイエローのひまわりですね。

f:id:hana-to:20180329145913j:plain

道開き


コミュニティーナースPJという、地域に根差して活動しているナースプロジェクトの説明会にうかがって、お話しを聴いてきました。関西から、参加されていた方も!
代表・矢田さんのお話しは、パワフルでわかりやすくて、元気が出ます。

ナースって、もっともっと自由でいいんだ、
もっと自由に、幸せと安心を、身近なところでサポートしたり、見守ったり、楽しんだり、出来ればいい!そんなふうに勇気づけられた時間でした。

看護職というネームで人前に出て仕事をするときは、「こんなこと言ったり、やったりしていいのかしら、ちょっとまずくない?」と、どこかセーブしたり推しはかったりしてしまいがちなのです。


それでも実際、看護職ということで、それだけで信頼していただけたり、頼りにされたりすることも、思った以上に多々あるので、そういう面での、ふるまいの自制心は、同じ職業の人達のためにも、これからも変わらないと思いますけども。



さてさて、わたしの活動の構想は、花とみどりを活かした健康支援なので、春分の日から、単刀直入にわかりやすく、それでいて何となくかわいく、はなナース、と名乗ることにしました。

少し前に煮詰まったり、突き当たったりしたことがあったのですけど、その時、「自分の道はじぶんで切り開くしかない!!」という言葉が私の中から、卵の殻を割るようにして生まれてきました。そうだ、そうだ、いいぞ~

時を同じくして、悩んでいることを相談したとき、わたしの先生からも「自分の道は自分でつくる」という気持ちでこれまでやって来た、とメールでくださったことがありました。

やりたい、と思ったことが既存の通りやすい道がまだないような場合、固定観念も不安も、周りのいろんなことを突き抜けて、自分が進む道をまずつくっていく、ということです。

そんな時、仲間がいる、というのは心強いだろうな、と感じます。
活動していけば、きっとできる!!

 

f:id:hana-to:20180330144712j:plain

帰りの渋谷の空に、満月前の月。
満ちるね、高いそらに。

明日は、天秤座の満月です。

チューリップトリオは、今朝見たらつぼみの端っこが、ほんのり、ふちどりが紅く色づいていました!きゅ~ん。

hana-to.hatenablog.j